Squarepusher – Shobaleader One [Warp Records]


Shobaleader_one

トム・ジェンキンソンの新名義が「Shobaleader One」だと思ってたんですが、
Squarepusherの名前でのリリースだったようです。
でもクレジットを見る限り、ベース・ボーカル(もちろんトム)とキーボード、ギターがふたり、
さらにドラムと5人での演奏、ということみたいなので、
なおさらSquarepusher名義だと不思議な感じがするのですが。
ドラムは去年のライブでも一緒に来ていた人力ドラムンを鳴らしていた例の人なのかな。

で、肝心の音ですがUltravisitorや更にもっと昔の高速ドラムンベースはもはや完全に姿を消して、トム本人がムーディに歌うボコーダーのボーカルがメインなポップス・ロックになってます。
(時々自分の声を音ネタにしたりはしてたけど、
ここまでボーカル前面に押し出したのは初めてなんじゃないですかね。)

前作「Just A Souvenir」も既にドラムンからかなり離脱した構成になってましたけど、今回は更にそれを突き進めた感のある内容に。

アコギ+ボーカルのスッキリサワヤカな#3 Into the Blueや、もはやラウンジミュージックな#4 Frisco Waveあたりがすんなり聴けていい感じです。

まあ、よく作風が変わる人なのでもしかしたらまたドラムン回帰したりするかもしれないですね。
個人的にはこれキライじゃないけどライブに行ってまで聴きたいかというと、正直微妙な気が・・・
やっぱりライブはCome on My SelectorやAnstromm-feck4とか、
その頃のテンションの曲を聴きたいですね。