Lone – Galaxy Garden [R&S Records]


galaxy garden
以前紹介したEmerald Fantasy TrackLoneが、
新たにR&S Recordsからリリースしたアルバムです。


大方にLoneが期待されていたエネルギッシュなベースミュージックという要素は強くなり、
前作のどこか要素としてあったBoards of Canadaのような雰囲気は
ぽぼ皆無となった感があります。

代わりにデトロイトテクノの空気感が多分に強くなった感じ、
その辺は恐らくレーベルカラーの要素からも影響を受けてる(合わせた?)ものと思われますね。

収録曲は大半はハイペースなダンストラックが殆どで、
言ってしまえば多様性というかアルバム内のトラック間の代わり映えはあまりないですが
逆に気分を盛り上げたいときには気兼ねなく聴けるアルバム、
晴天時のドライブに最適な感じでございましょうか。

前作に比べて音がクリアになった気がするのは、作曲環境の違いか、作風の違いか、
はたまたレーベルのマスタリング環境の違いでしょうかね?

Tracklist

1. New Colour
2. The Animal Pattern
3. As A Child (feat. Machinedrum)
4. Lying In The Reeds
5. Dragon Blue Eyes
6. Crystal Caverns 1991
7. Raindance
8. Dream Girl/Sky Surfer
9. Earth’s Lungs
10. Cthulhu
11. Stands Tidal Waves
12. Spirals (feat. Anneka)

関連

Lone – Emerald Fantasy Tracks [Magic Wire Recordings]