Radiohead – The King of Limbs [No Label]


King_of_limbs_2

昨年リリースされた、レディオヘッド式ダブステップなどと呼ばれた今作ですが、
前作の「In Rainbows」が結構シンプルだった構成に比べて
このアルバムはよれたリズムに絶妙にズレたハットやキックがスパスパスパスパとした一聴すると
つかみどころのないダンスアルバムな雰囲気が。
1曲目のBloomあたりはどことなくプログレッシヴロックあたりの
大袈裟なスケール感を感じたりするかも。 ホーンの部分とか。

「これは難解なアルバムだ」って評価を見たりもするけど、
これはむしろシンプルに「人力ダブステップやってみました」ってだけだと思うのです。
リズムは複雑でやってることは難解でも。

5曲目のLotus FlowerのPVでは江頭ばりに踊り狂うトムのダンスが鑑賞できます。