【Post Rock】Atoms For Peaceの新アルバム『Amok』が2/20発売!


amok.jpg
Radioheadのトムヨークの別プロジェクト、Atoms For Peaceが再び活動を活発化させていて、
今年、ついにアルバムをリリースするということで、その詳細が発表されていました。
ジャケットは個人名義でのthe eraserと同じような雰囲気のアートワークですね。
アルバム『Amok』は国内先行で2/20発売予定です。

Amok

Atoms For Peaceはトムヨークを中心に、Red Hot Chili PepperのFlea,
Radioheadのプロデューサ Nigel Godrichやパーカッション演者のMauro Refosco等で
組んだバンドユニット、初めはバンド名もなく、一時的なプロジェクトかと思いきや、
昨年後半あたりから再度活動が活発化してきていて、
ついにAtoms For Peaceとしてアルバムをリリースすることに。

Amokから、2,3曲視聴出来るようになっているようです。
前作(the eraser)と比べても、更にモノクロな雰囲気を感じるような。


Radioheadよりはエレクトロニカ感の強い打ち込みな印象の方が強い感じですが、
実際のライブになるとダイナミックなパーカッションの素晴らしいアレンジが効いていて
このアルバムのトラックもどんな風に変貌を遂げるのか、楽しみな感じでありますね。
2010年でのライブも、Mauro Refoscoの押し迫るクリック的なパーカスが
非常にカッコ良かった記憶があります。

Tracklist

01. “Before Your Very Eyes…”
02. “Default”
03. “Ingenue”
04. “Dropped”
05. “Unless”
06. “Stuck Together Pieces”
07. “Judge, Jury and Executioner”
08. “Reverse Running”
09. “Amok”

アモック
アモック
posted with amastep

ホステス(2013-02-20)

Amazon.co.jpで詳細情報を見る