2013/04/27 Sense of Unity feat. Andy Moor & Protoculture @ ageHa


IMG_4717

先ずはlantern.11お疲れ様でした、
急遽ゲストフロムジャーマン、Spleen Underground Musicが出演してくれることになり、
普段以上の大盛況(酔っ払いも沢山!)と相成りました。

さて、そこからハシゴで昨年末のCocoon HeroesぶりにageHaに遊びに来ました。
お目当ては、6年ぶりに来日したAndy Moor,
かつてトランスを聴いていた頃に好きだったArtistの一人であったので
近年はあまりトランスを聴かなくなったものの、懐かしくて遊びに行きましたよ。

スポンサードリンク

 

アゲハバスから余裕の1時頃IN.
4月末だってのにまだまだ寒くてダウンジャケットを着込んでしまう始末。
用意しておいてよかったなと思います。

2:00-4:00 Andy Moor

フロアは空き過ぎず、混み過ぎずの個人的にはちょうどよい具合、
ナショナルジオグラフィックみたいな装飾の、
なんだか面白い感じのブースを眺めつつAndy Moorに交代。

いやしかし、久しぶりにこうしたトランシー+アッパーな音楽を聴いたので
体が追いついていかないなと感じながらも、たまにはこんなのもいいなと
感じながらフロアをいったりきたりしつつ体を動かす。

わかるところではTiestoのLove Comes Againなんて懐かしいのも飛び出したり。
BTのFlamming June?も聴こえたような気がしたんですが、どうでしたかね?

Air For Lifeの最近のRemixも流れたそうなのですが、
最近のはまったく聴けていないので言われるまでわからず。
でも、こんなメロディだったようなという記憶は蘇ってきましたね、
ちょっとこのレポート描きながら、聴きなおしてます。

ところで、ムーアのせいじゃないのですが今回のPA、
高音がバリバリっといいすぎてて耳が痛くなりそうでしたね…

テクノの日のageHaでの、ブレイク時の高音が常時続いているような状態は
やっぱりずっとフロアにいるのが辛くなってしまうなと感じました、
今日はステージ側にDJブースがあったのでそっちの巨大PAから音が流れていて
いつものageHaのスピーカーじゃなかったのですが、
「あれ? もしかしていつものスピーカーの方が音がいいのか?」
とか思ってしまったり。

ジャンルによって、やっぱりPAの聴こえ方が違うのかなー。
耳をふさぐとちょうどいい感じに聴こえるのは、ちょっとなぁ。

3:00-5:00 Sekitova

Big Beachにも出演決定という気鋭の国内DJがプールに出演、
ということでこちらも気になっていたひとり。
熱気のアリーナと違ってこちらは4月末にもかかわらず、
ひんやりとした涼しく体をゆらゆらを動かすにはもってこいの空気感。

その雰囲気に合わせたのかそれともこうした持ち味なのか、
屋外サブフロアによく似合うほどよいディープさのテクノをプレイしていました。
非常に肌に合う感じ、アリーナで疲れた耳を癒すにちょうどいい塩梅でした。

Moorとも被っていたので、アリーナとプールを行ったりきたりしていたのですが、
そのうち空も白んできてなおいい雰囲気に。

屋外ブースの醍醐味は、この明るくなってくる空を眺める気持ちよさにあると言えましょうね。

4:00-6:00 Protoculture

ageHaの、Motherのイベントの名前では定期的に見かける感のあるこの方、
まだちゃんと聴いたことなかったのですが今回もそれほどちゃんとは聴けず、
バスに乗って5時ごろ帰宅の途へ。

いやしかし、イベント終わってからハシゴでの深夜イベントは体にこたえるなあ、
ここも考えるとやっぱり昼間のデイイベントの方が気楽でいいなーって思ってしまうんですよね。
そういう意味では昼間の明るい時間にやるフェスとかが、結構好みなのです。