2012/05/18 Kompakt Japan 02 @ Unit


Img_1704

あれは確か二年前、今と同じ時期に来日したものの木曜日で行けずにくやしい思いをしたものですが、
今度は金曜夜のイベントという事で仕事終わらせて遊びにいきました、Kompaktのレーベルイベント、そしてGui Borattoの来日です。
彼の国内でのLiveはこれで4度目、僕個人としては初来日のColors Studio以来です。

スポンサードリンク

 

今回、先着50名にKompaktのシールやらレコードケース?やらがプレゼントは貰える話だったようなのですが、
0:20頃にINした頃には当然ながら終了しておりました。 ちょっと残念。

フロアに行ってみるとDJ Yogurtがプレイ中。
人がちょっとまばらだな…? と思ったらGui Borattoの公開インタビューが上のラウンジで行われていたようで。 ぼくもそちらへ移動。
インタビュー内容は色々な内容が飛び交ってました。
「曲を作る際何に影響されるものは?」とか「DJはしないの?」とか
「アルバムに必ず一曲はボーカルに奥さんが参加しているが、その理由とは?」「自身が作った曲で気に入ってるものは?」などなど。
具体的な内容については今後インタビューがどこかに掲載される予定なのかもしれないので、一応ふせておきますね。

さてフロア戻ると継続してDJ Yogurtがプレイ中。
Kompaktというレーベルのショウケースで考えると思ったよりもアップテンポなテクノだったのでちょっと乗り切れず。

1:30からは先日DommuneでもプレイしたHiroshi Watanabe.
序盤でバトルスのWall StreetのGui Boratto RemixからPale HorseのRemixに繋げたりと
若干Kompakt色へ軌道修正しつつもHW本人のエッセンスも忘れてないスタイルでした。
上のラウンジではDJ SODEYAMAがインダストリアルなエレクトロニカセットをやっていたのでそちらを聴きつつ談笑など。
さてさてボラ(ット)さんの登場だぞ。

3:00-5:00 Gui Boratto
序盤30分は抑えのダークなテクノを繋げつつのスタート。  恐らくは最新アルバムからの選曲だったのかな?
開始30分目ぐらいから、良く聞き覚えのある旧作からがんがんプレイされて我を忘れて踊りに行きました。

記憶が正しければ、このあたりの曲をプレイしていましたね。

Shebang
Silverlake Pills Remix
The Drill
Take my breath away
No turning back
Azurra
Chromophobia
Stem from Hell
Like You
Haute Couture
This is not the End
Paradise Circus Remix

ラストはBeautiful Lifeの一部を使った?ようなディープめなトラックで終了。
前回のLIVEが三時間という情報もあってか、
二時間だとちょっと短い? かとも思ったけどそんな事もなかったですね、
LIVEだと二時間ぎ冗長にならずにしっかりとやれる一番いいラインかも。

そのあとのKompaktのブッキング担当でもありドミューンでもプレイしたScharreが回したのですが、
次の日がアフロだったためにはやめに退散。
出来れば彼のプレイは浅めの時間帯でゆるやかに聴きたかったかなあ。

Gui Boratto – Opus 17 (nanome Click Edit) by nanome on SoundCloud