2010/10/23 CLASH x Drumcode @ ageHa


20101023a

Swedenのハードミニマル大男ことAdam BeyerのレーベルDrumcodeのレーベルナイトのようで、アリーナはSwedenからのテクノトリオがやるという珍しくアリーナに国内DJなしのイベントでした。
Adam Beyer自体はそこまで詳しくないんですが、David West(そういや、この人もSweden)と何度か共作していたIda Engbergなる女性DJが初来日ということで行ってきました。

0:00-2:00 Ida Engberg
予想通りオープンからの出番、DrumcodeのサブレーベルTruesoulからリリースしていた曲の雰囲気に近い、
硬いキックと乾いたパーカッションの硬派なテクノが中心。
女性で硬派なテクノってのは良いものですな、普通のDJよりもカッコ良く見えますなw
二番手がAdam Beyerなので序盤から徐々に硬い音のままBPMをあげてきてバトンタッチ。

2:00-4:00 Adam Beyer
噂どおりのハードミニマル、先月のUmekとはまた違うハードミニマル感でした。
こちらも硬い、硬い音続きでIdaから一気に上げるのなく徐々に難なく上げていくあたりは中盤のペース配分としてはいい感じだったんじゃないでしょうか(すんなりとガンガン踊れたし)
ただ、ちょっとブレイクが長い曲が多いような気がしましたけど。
しかし背が高いせいか、ブースのミキサーやCDJをすごい前かがみに操作してて「うわぁ、腰にきそうだなぁ」とかどうでもいいことを考えたり。

4:00-6:00 Cari Lekebusch
フロアでお姉さんが売ってるあのキラキラ光る指輪のようなものをはめて楽しそうにブース裏で踊っていたCariがようやくの登場。
音はやはりミニマル続きな感じでようやく踊りつかれてきたので、プールやらテントやらフラフラしていたのですが、
改めてCariおじさんのプレイを眺めてるとさっきのキラキラ指輪を付けたままノリノリでDJしていて流石に吹いた。
音のジャンルに関わらず、楽しそうにDJする姿は好きです(まあ、限度もありますけど)。
Mixもミキサーの縦フェーをこまめに抜き差ししたり、ベテランらしいテクニシャンっぽい動きでした。 キラキラでノリノリでしたけど。

20101023b

スポンサードリンク