2009/05/29 James Zabiela Renaissance Masters World Tour @ ageHa


Img_0104 Zabiela Img_0112

というわけで、先週末に行ってきました。

最寄の駅に着いたとたん、普段人が居るはずもないような時間にちょっとした人ごみが。
まさか・・・と思ったらまさかです、火災による遅延発生中。
燃えたのも路線の施設じゃなくてホームレスの小屋が燃えただのどうの・・・。

まあ、それでちょっと遅れて着くこと0時を過ぎたあたり。
遅延してた割にはそれほど遅くならなかったという奇跡。

0:00-1:30 DJ Endo
オープン直後はやはりアリーナでも地味ダビーな雰囲気だったので、
とりあえずプールのあたりをウロチョロ。
その後戻ってきてみたらBeroshimaのHorizon (Funk D’Void’s Hope Mix)が!
地味ダビーなまま、ジワジワと綺麗目なトラックを何個かドロップしつつ交代。

1:30-3:00 Ryusuke Nakamura
この人は、一度wombのEpsilonだったかな、そのときに見たっきりでしたが。
前見たときと同様、ズンドコの連続でした。
Renaissanceのパーティらしさで言えばピッタリなんですが、
やっぱりシンセ音がほどよく混ざってるのの方が好きなんだと実感。
でも、DJはものすごく上手かったです。
やっぱwombでレジデントしてるだけはあるなー。

3:00-6:00 James Zabiela
なにやら良くわからないグニョングニョンした環境音でスタート。
どうもこの日はKorgのnano Padを使ってエフェクトをかけていたらしいです。
(Kaoss Padを使ってたようにも見えたけどなんともいえない・・・)
全体的にはMastersのDisk2よりもアゲ目なテック・プログレッシブハウスでした。
中盤になるとBjork?のRemixらしきものや、RadioheadのReckonerのZabielaのRemixなんかも。
後半でやっとメロディアスな雰囲気のプログレが流れ出して、
最後はなんとアンダワのTwo Months Offという俺歓喜!なオチでした。
(アレは確かPete TongのRemixだったかな?)

アンコールでJames本人がマイクでしゃべった「Thank You :) 」をループさせつつ、
なんだか妖しいボーカル曲をドロップして終了。
Thank Youなのはわかってるんだけど、ループするとF**k Youにしか聞こえないから不思議だw

それほど激込みというわけでもなく、
且つスモークの風が涼しくて気持ちよく踊れてよかったよかった。
ライティングも今日はクオリティ高かったです。 レーザーもギンギンに飛んでたし。

そういえば、いつのまにかスミノフエキストラが500円で買えるようになってたよ!!
ケース買いするほど好きなもので、まさに俺歓喜!!
ガンガン飲みました。 うめェ。

スポンサードリンク