2010/01/22 Taicoclub presents So Very Show! @ Womb


10122

去年のTaicoclub’09でSquarepusherと時間がモロ被りしてて全く聞けなかったAlex Under,
Youtubeでそのときの動画を見るとなかなかカッコよかったのでこの機を逃すまいといってきました。
wombは多分二年ぶりぐらいな気がします。 
最後に行ったのはたしかPaul Woolfordのときだったような・・・

0:30-3:00 Fumiya Tanaka
INするとちょうどフミヤがプレイをはじめたあたり。実はちゃんと聴くのは初めて。
良く見たら外タレより持ち時間なげーじゃん!というツッコミはさておいて、
想像してたよりも派手でした。 3時前にはちょうどよくAlex Underに繋がるようなテンションになってました。
どこかでVillalobosのEasy Leeがかかった気がする。
既に(クラブ経験が二回目の)友人がガンガン踊ってたので一緒に体動かしてたら
Alex始まる前から結構バテてしまった・・・

3:00-5:00 Alex Under
もう最高潮のフロアの勢いをそのまま引き継いでスタート。
しかし・・・テンション高いのはいいけど単調すぎた感が・・・
’09の方の映像の、カラフルなシンセが混ざりつつもテックな感じを想像してただけに
ガツガツとしたToolroom的なトラックが延々と続くのはちょっと期待はずれでした。
やっぱり屋内と屋外だとセットが違うのかなー! もったいない。

Img_0572

そういや今年のこだまの森のTaicoclub本編、ちょうど仕事が一番忙しい時期とぶつかるかもしれん・・・
そうなると間違いなく行けないや、あきらめの付く面子だったらいいけど・・・
そうでなくともあの空間、気持ちいいから好きなんだけどなあ。

スポンサードリンク