Minilogue – Blomma [Cocoon Recordings]


blomma

前作Animalsから5年、
再びコクーンからリリースとなったMinilogueの新アルバムは二枚組で全8曲2時間という、
まさしくMinilogue のカラー通りの長尺トラックひしめく大作となりました。

スポンサードリンク

 

Minilogue – Blomma

Disk1はテクノトラックを、Disk2ではアンビエント/チルアウトという住み分け。
Disk1は荒涼としながらも芯のある神々しさのパッドに絡みつくテクノリズムの鳴りは
まさしく聞き慣れたMinilogue のサウンドそのもの、
大きな驚きは無いもののクオリティの高い荘厳なディープテクノです。

中には、1曲45分なんて怪物も。
正味、その中でも雰囲気がガラリと変わっていくので
それなら別のトラックでもいいんじゃないかという気もしましたが。

強いて言うならばシングルでリリースされているトラックと比べると、
イントロも長尺な事もあってかDJユースというよりはリスニング向けと言えるところでしょうか。

 

Disk2は雰囲気そのままにビートのみをダウンビート/ノンビートにしたつくりで
そのままの気持ちで視聴を続けられます。

ジャケット裏のアートワークもあってか、
若干シャーマニックなイメージを醸し出したドローンアンビエントです。
両Diskとも、普段のMinilogue が好きな人にとってはこれを買っても損は無い、
ということは保証しますよ。

 

個人的には、このサウンドがコクーンから出る事にちょっと違和感、
Minilogue が昨年始めた新レーベルMake a Beautiful Corpseとも
ジャケットワークもサウンドも近いこともあって、
そのレーベルから出るものとばかり思ってたのですが。

やはり量販的な側面では大手から出た方が何かと都合が良いのか…などと、
いらんことを邪推するなど。

所で、アルバム内のアートワーク、
綺麗な写真が多いのですが中にひとつだけ不気味なクリーチャーなイメージが。

なんなんだ、あれは…

Tracklist

CD1
1. Everything is all you’ve got
2. Atoms with curiosity that looks at itself and wonder why it wonders
3. Forgotten memories
4. Existensberättigande
5. Nor coming nor going

CD2
1. E de nån hemma?
2. Mellan Landet
3. Evaporerar ut från sitt gömställe

 

BLOMMA
BLOMMA
posted with amastep

Cocoon Recordings(2013-04-24)

Amazon.co.jpで詳細情報を見る