James Lavelle – Global Underground 037 : Bangkok [GU]


Gu37

久々のGUシリーズのご紹介、2009年に発売されたU.N.K.L.E.のメンバーJames Lavelleの担当した今シリーズの37作目です。

今回のフィーチャーはタイの首都バンコクです。
昨年の洪水も大変そうでしたがいつのまにか報道がなくなってましたが、だいぶ落ち着いたみたいですね。
で、その洪水の中でもたくましく(?)生きるタイパワーを感じるような
雑多でカオスなMix作品に・・・なってる気がします。

先ずは1枚目、Dovesの壮大な歌モノからスタート。
序盤はAnimal collectiveからNathan Fake、James Holdenと少々狙いすぎな
エレクトロニカトラックが続きます。
そのまま自身のUNKLEトラックが連続するディープな雰囲気へ、
そしてまたクリック&エレクトロニカの世界へと戻りつつ
School of Seven BellsSempiternal / Amaranthで終了へ。
トラックリストを見た感じちょっとストレート過ぎる気がしましたが、非常にサイケでカッコいい1枚目です。

2枚目はストレートな四つ打ちへ。
3曲目のTrouble In Paradise (Variation On A Theme) (Unkle Surrender Sounds Session #11)ですが、
4曲目 Space Bird (Dubfire Deep Space Remix)に非常に近しいシンセ音が入ってて、
2009年当時から「あ、これSpace Bird側の曲意識してる音だな・・・」と思ってたのですが
まさかそれにつなげる展開をMixCDの方で披露してるとは思いもしませんでしたねw
2枚目もサイケな雰囲気は残しつつボトムの太いオーソドックスなMixです。

エレクトロニカ要素の4つ打ちMixが好きな人には1枚目がかなりオススメできると思いますね。
バンコクはカオスだけどここまでサイケでグニョングニョンはしてない気がしますがまあその辺は、
異国の地的なモノを感じてもらえればいいのかな・・・